細菌とウイルスの違い

それぞれ使用可能な薬も異なる

ヒトの体内に感染し、悪さを働く細菌とウイルスですが、これらの違いを聞かれてもすぐに答えが出てこないかもしれませんので、最低限の違いを理解しておきましょう。

細菌とは

まず、細菌というのは、分類上は植物という扱いの単細胞生物です。
独自には、増えることが出来ないので、ヒトの生体内などに入り込み、そこで栄養を取り込み数を増やします。

代表的な細菌として、ブドウ球菌、サルモネラ菌、コレラ菌、赤痢菌、結核菌、レンサ球菌などがあります。

このような細菌に対しては、材料となるタンパク質の合成や増殖の際にDNA情報が複製されるのを妨害するなどして、数が増えるのを防ぐ薬が用いられます。


ウイルスとは

ウイルスは、それ自体が細胞体ではありません。つまり、細菌のように単細胞生物としての存在ではなく、DNA情報とそれを包む殻で覆われた超微小の物質です。

生体内に侵入したウイルスは、細胞の中に入り込みます。そこで、DNA情報を複製して数を増やすのですが、その数が増えすぎると細胞は許容量を超えて破裂してしまうのです。

細胞が破裂すると、そこから大量のウイルスが飛び散り別の細胞へと入り込み、同じように増殖を繰り返していくのです。

代表的なウイルスには、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、肝炎ウイルス、ヘルペスウイルス、HIVなどがあり、現代医療では根治できないものや死の危険があるものなど含まれるので注意しなくてはなりません。

細胞を持たないウイルスには、DNAの複製を妨害して数が増えるのを押さえ込む薬が用いられます。