ニキビ治療への有効性

どちらもニキビ菌(アクネ菌)の仕業で悪化

ミノマイシンは、ニキビ治療にも良く用いられている薬です。

その理由を知る前に、思春期のニキビと大人のニキビ、それぞれどのように発生するのかについての違いを確認しておきましょう。

思春期のニキビ

思春期は、性徴過程で性ホルモンの分泌が盛んになります。
すると、皮脂の分泌も盛んに行われるようになり毛穴が塞がれやすくなってしまいます。

毛穴が塞がれると、皮脂を分泌する皮脂腺の周りに皮脂が溜まり、それをエサとするアクネ菌(ニキビ菌)が増殖し炎症を引き起こします。

こうして、皮脂が詰まる事での炎症やエクネ菌の増殖による炎症で、ニキビが増えてしまうのです。


大人のニキビ

大人になると、成長期のように皮脂の分泌も盛んに行われることは無くなりますが、反対に古い角質が停滞しやすくなります。これにより、毛穴が塞がれやすくなってしまい、皮脂が溜まりやすくなるのです。

また、女性の場合は、間違ったスキンケアや油分の多い化粧品などの使用により毛穴が汚れてしまい、アクネ菌が増殖しニキビを引き起こすことも考えられます。

他にもストレスや生理などで体調を崩すと、皮脂の分泌が過剰になる事もあります。

思春期と大人のどちらにしても、何らかの原因による皮脂の詰まりとそれをエサとするアクネ菌の増殖によるバランスの乱れに変わりありません。ニキビを英語で書くと「Acne(アクネ)」となるので、この菌が原因である事には変わりありません。

ですが、アクネ菌自体は、皮膚から他の菌が侵入しないように守る働きを持つ常在菌でもあるので、増殖を抑えて適切な数へと減らしてやる必要があります。その手段として、ミノマイシンによるケアが有効とされ、皮膚科などでも処方されています。