ミノマイシン

抗生物質の中でも多くの細菌感染に使用可能な薬

ミノマイシンは、抗生物質(抗生剤)の中でも、多くの細菌の増殖抑制に有効な薬として使用されてきました。

抗生物質としての歴史も長く、ミノマイシンのようなテトラサイクリン系の薬でしか殺菌する事の出来ない細菌が未だに存在するので、病院でも必要に応じてミノマイシンが処方されます。

その反面、副作用や小児に使用する場合の注意など、ミノマイシンがどのような薬なのか知っておかなければならない部分も存在します。

当サイトでは、ミノマイシンについて理解を深める為、基本的な使用方法や副作用に関する情報など、メリットとデメリットの両方の内容を掲載するようにしています。

有効成分「塩酸ミノサイクリン」が細菌の増殖を妨害する

ミノマイシンの有効成分は、「塩酸ミノサイクリン」というもので、主な働きは、細菌が増殖する時に必要なタンパク質の合成を妨害するというところです。

そもそも、細菌というものはヒトの身体に侵入すると細胞にとりつき、細胞に送られる栄養を横取りして数を増やしていきます。この時に必要な栄養はタンパク質なのですが、有効成分である塩酸ミノサイクリンの働きによりタンパク質の合成を妨害する事が出来るようになります。

すると、細菌は数を増やす事が出来なくなり、次第に寿命となり数を減らしていくという仕組みです。このように、成長過程を妨害して衰弱を待つ薬の働きを「静菌効果」とも呼びます。

細菌を直接攻撃してしまう「殺菌」では、場合によっては私たちの体の細胞も攻撃してしまうリスクがあります。

それは、がん治療を薬物投与によって行うのと同じようなものです。
一方、ミノマイシンのように、細菌の活動を妨害する場合は、即効性は弱いものの安全性と効果のバランスが優れているのです。

有効性の確認されている症状

ミノマイシンは、以下のような感染症の改善に有効とされています。

にきび、気管支炎、気管支肺炎、リンパ管炎、リンパ節炎、感染型食中毒、腹膜炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、外陰炎、膣炎、子宮内感染、淋疾、梅毒、中耳炎、外耳炎、口内炎、歯肉炎、術後感染など

細菌が直接侵入して身体に支障をもたらすものだけでなく、手術で出来た傷や病気により病変部が出来る事が関係して細菌が増殖してしまう場合もありますが、ミノマイシンは化膿止めとしての役割も担います。

上記のような症状悪化を防ぐ上で無くてはならない薬です。
また、以下のような種類の細菌に対して効果が高いと言われています。

グラム陽性菌
グラム染色(細菌を色素により染色する方法)により、紺青色や紫色に染色される細菌類。
グラム陰性菌
グラム染色により、赤色や桃色に染色されるものはこちらに含まれる。
クラミジア
グラム陰性の細菌の一つであり、偏性細胞内寄生体という別の生物の細胞内でのみ増殖する事ができる特徴をもつ細菌の一つ。人に感染する3種類(一部鳥にも感染)と、ウシ、ヒツジに感染する1種類が存在している。
リケッチア
ウイルスやクラミジアと同じように、単独で増殖する事ができない。増殖は、生体内の血管内皮系の細胞内で行われ、宿主が弱っている時にほど数を増やす。

基本的な用法・容量

  • 成人の場合:100mg~200mgを1~2回/日に分けて服用する
  • 小児の場合:2mg~4mg/kgを上限として、1~2回/日に分けて服用する

服用の注意点として、喉などに薬が張り付き潰瘍を起こす心配もあるので、薬を飲み込む際には水を多めに含むようにしなければなりません。

ミノマイシンに限っては、副作用としてめまいが引き起こされる場合もあるので、服用後の高所作業や自動車の運転などを行うのは危険が伴いますので、服用後は避ける、運転や作業が必要な場合は服用しないように気をつけなければなりません。

また、薬の併用による相互作用もある薬なので注意が必要です。
カルシウム、マグネシウム、アルミニウムなどを含む食材との併用、また、ペニシリン系、セフェム系などの殺菌性抗生物質との併用も注意が必要です。

※「肝機能障害」「腎機能障害」「食道通過障害」「妊婦」に該当する場合は、使用を注意してください。
「テトラサイクリン系で過敏症経験がある」という場合は、使用してはいけません。

効果を安定させるには成分の血中濃度を保つ事が大切

ミノマイシンは静菌効果により細菌の数を減らす薬なので、一度だけ服用すれば細菌が死滅するというものではありません。

細菌が再び活発になり数を増やしてしまう事がないように、血液中の成分濃度を一定レベルに保つ事が必要とされています。その為、症状が現れている期間は、継続して服用するのが望ましい事になります。

また、症状が治まってきたからと自己判断で使用を中断してしまうと、薬に対して抵抗力を身に付けた「耐性菌」というものが現れる危険性もあるので、使用を継続すべきか、それとも中断すべきかのジャッジは重要です。

耐性菌に対しては、今まで効き目があった成分が効かなくなってしまう恐れがあり、治りかけだったのに症状が悪化してしまう場合もあるので注意してください。

病院で処方される量が足りない場合

病院でミノマイシンの処方を受けている場合、病院が遠方であれば毎回通うのも大変です。また、処方してもらえる量も2週間程度と「ある程度症状が治まるのに最低限必要な量」しか処方してもらえない場合もあるというのが現状です。

もしも、「毎回薬を貰うだけだから病院に通う手間を省きたい」「もっとまとまった量を常備しておきたい」と思うなら、薬を海外からの個人輸入を利用して用意しておくという方法もあります。

ミノマイシンのような処方薬は、使用量1か月分以内であれば医師の処方箋無しで購入する事が可能ですし、一度利用すれば再注文も容易です。